ホーム > 土木工事 > これからの土木工事

これからの土木工事

私たちの周りにある、それとは気づかないものまで、人の手が加えられていないものは無い、そんな時代になっています。

川中島建設もこれまでの百有余年、皆さんが目にするものから目にしないものまで社会のインフラ整備の一翼を担ってきました。それは、道路や橋梁そして下水道であったりします。

「建設は死闘 破壊は一瞬」です。技術の限りを尽くして作られたものを、「古い・ヒビがある」との理由で破壊してしまう。これではあまりにももったいないことではないでしょうか。限りある資源を有効に使い、次代への資産として残す。今、時代が求めていることとはその技術ではないでしょうか。先達が築いてきた物を壊さず維持する時がきている様に思います。「世界遺産登録」などと大業なことではなく、その機能を維持しつつしっかりと次の世代に引き継ぐこと。地球温暖化防止の時代的要求の高まりとともに一人ひとりが出来ることから行動しようと。