ホーム > 汚染された土地の有効活用・汚染土壌浄化 > 川中島建設の考え方

川中島建設の考え方汚染土壌の浄化が必要とされている今私たちがどのように関われるかを考えて

川中島建設の考え方

子供たちが安心して住める環境にするために

戦後70年余り、経済大国を目指し懸命な努力のお蔭で、私たち日本は、世界の国々と比肩するまでになってきました。 一方、その影で環境問題をなおざりにしてきた結果、ダイオキシンなど汚染問題が深刻になってきました。

私たちを取り巻く土壌においても、VOC・重金属・農薬などによる汚染が問題になってきています。
重金属・農薬汚染物質は土壌に吸着されることが多く、その対策は土地の有効活用に欠かせなくなっております。
逆を考えますと、汚染の対策をせずに土地利用をするということは、次の世代への悪影響となってしまうということがいえます。

川中島建設は長年土木工事で培ってきた技術を生かし、汚染されている箇所を修復し、子供たちが安心して住める環境にするために、これからも汚染対策の分野で、お役に立ちたいと思います。