汚染土壌浄化

業務の流れ

川中島建設株式会社が実施する不動産再活用における汚染土壌の浄化について、当社で実施する流れと共に当社の施工へのこだわりやお客様と一緒に取り組む点について解説いたします。


初期打合せ
汚染区画の確認
期間の設定

規模の大小によって、工事期間を設定いたします

近隣対応の決定

工事内容・期間等の説明 協力依頼をいたします

申請事項の確認

消防局・県・市等への必要書類の提出をいたします

着手前準備
近隣挨拶
申請業務
対象単位区画の確認

施主様立会い
※汚染区画を明確にします。

汚染土試料採取

現状汚染土の汚染物質含有量の確認
汚染物質を浄化するのに必要な添加材の添加量の決定をいたします。

汚染度の汚染物質含有量の確認
※トリータビリティ試験

施工
仮囲い

騒音・粉塵対策をします。
H=3.0〜3.6m


使用材料検収

添加材を使用する前に、材料の検収を実施します。

添加材入り袋

添加材使用後の袋

添加材混合

施工規模が大きな場合はサイロを設置します。

堀削

攪拌混合
※添加材の混入量は機械で自動設定し、結果をプリントアウトできます。

使用機械 自社機械

油圧ショベル

土質改良機械

フルイ機

汚染土除去状況の確認

施主様立会いで行います
深さ・延長等出来高の確認をしていただきます。
汚染土が残っていないかの確認をしていただきます。


混合土壌の管理(品質管理)

処理後の土壌溶出試験を行い土壌汚染対策法に基づく溶出基準で溶出量を評価します。
汚染値が基準値以下にするよう、施工中の品質管理を徹底しております。

温度管理

養生

処理後試料採取
汚染数値の検査(基準値に達するよう、施工中も検査いたします)

埋め戻し作業

フルイ機による異物を除去しながら埋め戻します。

異物除去

埋戻し作業状況

転圧作業

各層毎に充分転圧します。

対策工事完了

重金属汚染対策 シーリングソイル工法

◎川中島建設はシーリングソイル協会の正会員です。

シーリングソイル工法(重金属等の地化学的固定化)は、“天然鉱物系改良材”をもちいた地化学的な不溶化工法で、溶出量基準不適合の汚染土壌に適用します。
低コストと低負荷と高品質を同時に実現したと高い評価を得て、各地の公共事業や民間事業で採用されています。


ゼオライトによる吸着・イオン交換と早期固定化

1㎏の天然ゼオライトは、陽イオンのカドニウムで900mg/㎏、で5,000mg/㎏を超える量を吸着します。
陰イオンの砒素でも、天然ゼオライト(Zm)1㎏で12mg/㎏の固定化量(吸着量-溶出量)を有します。
シーリングソイル工法に用いる天然鉱物系改良材を混合したSSパウダーでは、砒素の吸着量と固定化量は大幅に増加します。
またSSパウダーは、カドニウム水銀、の複合汚染の場合でも各イオンに対して速やかな吸着機能を発揮します。

風化土による吸着と長期固定化

風化粘性土に含まれるアロフェンやイモゴライトも、砒素フッ素イオンに対する吸着機能を発揮します。
また、風化粘性土に含まれる珪酸及び鉄、アルミナ等の含水性非晶質物やアロフェンなど低結晶性の粘土鉱物が、長時間を経て高度に結晶化するにともない重金属等を強固に固定化することが期待されます。

油汚染対策工事 『バイオレメディエーション』

バイオレメディエーションとは、微生物(バクテリア)の自浄作用による土壌浄化で、汚染物質を微生物が食べつくし二酸化炭素と水に分解する技術です。
油を分解する微生物は、どんな土壌にも存在します。しかし汚染された場所では、微生物が活性化するための酸素や栄養塩等が不足している為、バイオレメディエーションでは、微生物による分解が促進できるよう、環境条件を最適にする為に、汚染土壌中に存在する油分解微生物を活性化させて分解し浄化します。

攪拌作業
ミキシングバケット使用

添加剤が固体及び液体で配合管理が必要な場合には10m3水槽を用意しています。

ホットソイル工法

◎川中島建設はホットソイル協会の正会員です。

ホットソイル工法とは、トリクロロエチレンなどの揮発性有機塩素化合物で汚染された土壌を堀削し、水と発熱反応する無機化合物(製品名:ホットソイル)を混合し、土壌中のこれらの汚染物質を加熱・揮発させ、回収・処理する工法です。

特徴
  • 現地で短時間で安価に処理ができ処理土は埋め戻しができます。
  • 焼却を伴わず産業廃棄物が発生しない環境に優しい工法です(ダイオキシン等の発生なし)
  • 高濃度汚染箇所に有効です。
  • 生石灰などの無機化合物の水和反応熱を利用するために発熱にエネルギーが要しないクリーンな工法です。
  • 軟弱地盤などは水和反応に伴う含水比の低下により施工性が向上します。またポゾラン反応、炭酸化反応により長期的に十分な耐久性、安定性が得られます。
  • 処理土は、道路の路床材、盛土として使用可能な粒度特性、強度特性、透水性を有しています。
実施報告書の
作成
汚染土浄化対策工事実施報告書の作成

設計図書に対するすべての工事について報告書の資料を作成します。

  • 汚染土浄化対策工事完了報告
  • 調査概要、対策の実施方法、実施工程表、作業実施報告
  • 工事写真、試験結果報告書、出荷証明書
  • 土壌浄化に伴う処理後土壌溶出試験結果報告書
引渡し

施主様立会い検査後お引渡しいたします。