その他法面工事

川中島建設の法面工事について紹介いたします。

  • 岩着による法面工事
  • 緑化による法面工事

を中心に自然環境に配慮しながら法面工事を行っておりますが、
これ以外にも、

構造物による法面保護工事にも取り組んでおります。

吹付工

モルタルやコンクリートで崖面や法面を覆う工法。
風化等により劣化した崖面に対しては、外気や温度変化、浸透水の遮断効果が非常に高く、施工性も優れている事から、採用実績の多い工法のひとつ。
また、切土法面やトンネル坑工にも広く用いられています。

のり枠工

法面に格子状あるいは亀甲状の枠を設け、風化・浸食・崩壊等を防止します。
また、枠内を植生やコンクリート等で被覆したり、アンカー工・地山補強土工等と併用して法面の安定性を高める事ができます。

アンカー工

比較的小さい削孔に高強度の鋼材などの引っ張り材を挿入し、これを基盤内に定着させて鋼材の引っ張り強さを利用することにより地すべり滑動力に対抗しようとする工法。
抑止杭や土留め壁と組み合わせて用いられる場合もあります。

ネット工(覆式ロックネット工)

ワイヤロープと金網で構成されたネットで、落石の危険性のある斜面を完全に覆い、金網内の落石を安全に法尻まで導きます。