土質改良・地盤改良に関する業務の流れ

業務の流れ

川中島建設株式会社が実施する処分予定土の強度改良について、当社で実施する流れと共に
当社の施工へのこだわりやお客様と一緒に取り組む点について解説いたします。


初期打合せ
施工時期

搬入時期・搬出時期について確認させていただきます

工事場所

工事範囲の確認をさせていただきます

改良土運搬先 場所

改良土運搬先を確認させていただきます

運搬車輌の車種

大型車・小型車かを確認させていただきます

担当者

連絡者を確認させていただきます

着手前準備
配合試験

添加材の種類及び添加量の決定

粉塵対策

添加材投入時  搬出口の養生 
近隣にご迷惑をかけない対策をいたします

騒音対策

仮設仮囲い
近隣にご迷惑をかけない対策をいたします

近隣挨拶

説明会の実施(内容の説明・協力依頼)

改良土作成
施工状況

添加材納入

軟弱土の受入れ状況
使用機械 自社機械

油圧ショベル

サイロ

土質改良機械

改良土作成状況


二次ベルコン使用状況

二次ベルコンを使用することで大量の改良土を保管することができます。

改良土搬出
品質管理
試験 受入土
  • 土壌環境基準試験項目(26項目の内の重金属の10項目)
  • 含水比試験 随時
試験 改良土
  • 土の含水比試験
  • 土の粒度試験
  • 土の液性限界・塑性限界試験
  • 締固め試験
  • CBR試験
  • コーン指数・PH試験
  • 六価クロム溶出試験
  • 六価クロム計量証明書
  • ふっ素計量証明書
土壌環境基準試験
添加材料試験成績表
  • ミルシート
近隣挨拶
  • 説明会の実施(内容の説明・協力依頼)
浸出水のPH測定状況
試験試料採取状況