ホーム > 環境に優しく耐久性に優れた樹脂コーティング > ポリウレア樹脂吹付工法

ポリウレア樹脂吹付工法とは

ポリウレア樹脂は、ポリウレタンの進化系塗膜材です。

1980年代にプラスチック成形材として開発され、1990 年代に各種用途に展開が進んだ比較的新しい樹脂。ポリイソシアネート化合物(A 液)と活性水素を持つアミン化合物(B 液)をスプレーガンで衝突混合させ化学反応でポリウレアを生成。
速乾性が特長で5秒程度で硬化、衝撃吸収性能を発揮。標準塗膜厚は2mm程で施工完了後共用開始となり、従来の工法に比べ施工期間が大幅に短縮されます。

高反応性(超速硬化)、強靭な物性(高引裂き力・高引張力・高伸び性・耐薬品性・耐摩耗性等)無溶剤、無触媒で安全・環境にも優れている特長があります。

弊社では、ライノジャパン株式会社の北陸・甲信越エリア正規施工代理店として、ポリウレア樹脂吹付工法 施工主任者研修を受け、技術を習得した者が施工をしております。

ポリウレア製品ラインアップ
製品名 用途 適用箇所 特徴

ライノ・エココート
スレート屋根 など 屋外◎
室内◎
アルミニウム粒子含有により、
遮熱効果有り

ライノ・タフグリップ
トラック荷台、船舶のデッキ、
プールサイド など
屋外◎
室内◎
場所を選ばず最も多様性有り

ライノ・エクストリーム
屋上・ビルの外壁、プール、
露天風呂、池、石垣、
擁壁のクラック、タンク(飲料)、
防火水槽 など
屋外◎
室内◎
劣勢のコンディションでも
施工可能

ハイ・ケム
下水道、水路、
大豆加工(味噌・醤油・豆腐等)
硫黄、鉄、硫酸、塩酸、塩素、
酢酸 など
屋外◎
室内◎
最も化学物質に対抗性がある

ライノ・ソーラーマックス
横断歩道、ガスタンク、消防塔、
遊園地遊具 など
屋外◎
室内◎
色彩・光沢性・紫外線による
退色の抑制

ライノ・ハイブリッド
倉庫の床、内壁、
ホテル旅館の厨房・土間、桝 など
屋外△
室内◎
室内施工に最適で安価

ライノ・ハードライン
プレス工場内、航空機ドック床、
造船所床、コンテナ基地床、
資材ヤード床 など
屋外△
室内◎
重作業の衝撃の耐久性に
優れている

※塗布表面温度が10℃を下回る場合や、雨、霧、風速7m以上の天候の場合は保証外工事となるため作業を中止することがあります。

施工前

施工後